本文へ移動

芝生事業

E.M.R

-圃場で芝生とネットを一体化した芝生-(特許取得済み)

芝生の生産

平成元年から芝生の生産を開始しました。
ノシバ・コウライの生産から始めて、ティフトン・セントオーガスチン・ベント他西洋芝も生産しました。

現在は、300,000㎡の圃場でノシバを中心にコウライ・ティフトン・改良ノシバ・提携品種を生産しています。生産品種・生産方法・製品規格を試行錯誤しながら、圃場でネットと芝を一体化させた芝製品をつくりました。ネットと芝生を圃場で一体化することでバラバラになりにくく簡単にロール芝を生産できるようになりました。
特に校庭緑化やサッカー場・ラグビー場・野球場・陸上競技場等に使用されるティフトン芝もビッグロール(1m×10m)での出荷が可能になりました。

平成7年以降、芝生をほぐす装置やネットと芝の一体化で7個の特許を取得しました。
現在、芝生の品種開発及び用途開発された企業様との提携も数社ありますが使用用途にあわせて対応できると考えておりますのでぜひご相談ください。

生産スタッフ

私たちが生産しています。
有限会社湯谷園芸(プリード湯谷生産部門を農業生産法人として平成15年に分離)

販売

芝種
ノシバ・コウライ・ティフトン・改良ノシバ・改良品種・提携品
(改良ノシバ・改良品種・提携品はお電話にてお問い合わせください)
規格
ロール芝
50cm×2m 50cm×1m×2
37.1cm×2.70m 37.1cm×1.35m×2
1m巾 例:1m×10m
切芝
37.1cm×30cm×9
ポット芝
75mmポット ※受注生産 例:ティフトン 4月注文→6月納品
ブッシェル
ほぐし芝 芝苗
輸送
15tトラック・4tトラック・保冷車・トレーラー(小口の場合は宅配便になります)
※お問い合わせいただきましたら運賃も含めお見積りさせていただきます。

校庭緑化

短期間で緑化したいならティフトンEMR

コウライ芝・コウライ系改良品種・ノシバ系改良品種・西洋芝・ティフトン芝等芝生にもいろんな種類があり、どれも緑化材料としては普及しています。規格もブッシェル(ほぐした芝苗)・ポット苗・切芝・ロール芝とさまざまで、どれでも緑化する事は可能です。しかしながら、グランドを使用しながら緑化したいなら成長の速いティフトンをベースに出来るだけ大きなロール芝で春休みまたは夏休みに施工する方法がベターと考えます。ベース芝を守る意味でのWOS(ウィンターオーバーシード 秋に西洋芝の種をベース芝の上に撒く方法)も完璧な景観を求めなければそんなに難しく考えなくてもいいと思います。写真はティフトンEMRにペレニアルライグラスを圃場でWOSしたものを春に施工している様子です。

施工

芝生を生産しているから施工も安心です。
芝生を生産して20年以上経ちます。
生産してるから芝生の事が分かります。気象条件や土壌によって同じ方法でもまったく違う状況になることがあります。芝生も生き物ですから病気にもなるし枯れてしまうこともあります。害虫による被害もあります。肥料も与えないと水だけでは、成長するどころか弱体化してしまうこともあります。スポーツ施設の工事が本業です。工程の流れやポイントが分かります。工事現場内での搬入路や立ち入り禁止区域を含めた現場のルールも理解できます。生産も分かり施工も分かる事で安心安全に施工できます。芝生の施工がありましたらお問い合わせください。

芝生管理

芝生を生産してみたから管理もできます。
せっかく芝生を植えても管理できなくて雑草だらけの原っぱになっているところがたくさんあります。芝生管理も基本的な事をきちんとすれば難しくありません。
20年間生産してみていろんな失敗をしました。除草剤で失敗して芝生を枯らした事も、芝刈りの失敗で枯らした事もあります。その経験を活かして芝生の管理を致します。
養生管理に関してもご相談ください。
プリード湯谷株式会社
〒710-0804

岡山県倉敷市西阿知町新田379-9
TEL.086-465-2804
FAX.086-465-2843
1.工作物診断事業
2.防球施設事業
3.建築事業
4.芝生事業
2024年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る